くろたまのBCG備忘録 時々攻略

私が参加したBCG(NFTゲーム)について書いていこうと思います https://twitter.com/3fGUnZrZzuePYkL

エクウィズ先行リリース第二フェーズ開始! 追記済

進め方を大分忘れています(^_^;)

ですがすぐにコツは思い出しました 即ち…

進めなくなったらブラウザを落とし5分放置して再開

これで稼げるコインは雑魚相手にちまちま戦うより遥かに多いので
そして冒険者のレベルを上げ進み、通常攻撃だけではボス敵(ネメシス)を倒せない
所まで来たらスキル致命的な攻撃を使用して突破
MPが枯渇したらスキル触媒を持っている冒険者を編制し回復
それでも進めなくなったら帰還してレガシーアイテムの開放&レベル上げ、
そしてスキルボードの開放&レベル上げ、と
少くとも序盤はこれに尽きますね

まあ、今回はランキング報酬が無いのでガチる必要も無いのですが
必要は無くてもやりこんでしまうかもしれませんけれど
もしかしたらサプライズでランキング上位者に報酬が…無いでしょうね(^_^;)
そんな事したら報酬があるのならガチったのに!と炎上物です

今回はデイリーミッション(簡単)とフロア到達ミッション(10階まで)だけの
様です どちらも難易度は低い分報酬も気持ち程度
デイリーミッションは合計で26 期間が3日なので計78BC
フロア到達ミッションは10階まで到達したら合計545BCとアイテム少々
合わせて623BC それと全プレイヤーの進捗状況次第で最大400BC
どうやら100、200、300、400で最大1000BCみたいですね
なので全部合計で1623BC=ガチャ1.6回分=40.575ドル

通常の報酬が少ない分バグバウンティ制度が導入されました
バグを発見して報告すると早い者勝ちでその深刻度に比例する
報酬(NFTやアイテム)が貰えるとの事です
私も軽微なバグを発見し報告しようとしたら使用している端末の型番やスペック等
の入力を要求された為、調べていたらもう修正されていました(^_^;)

取り急ぎここまで
後で第一フェーズとの変更点等をまとめていきたいと思います

追記

気が付いた物から順不同に書いていきますので統一性は無いでしょうが御了承ください
情報源は基本自身のプレイ、そしてTwitter、公式Discordからです
それと前回の仕様を間違えて覚えている可能性もありますのでそれも御了承ください

① 状態異常を受けると戦力が低下する
前回は状態異常を受けても最後尾とその次に配置している冒険者以外なら
悪影響はほぼ無く放置可能でしたが、今回はそれ以外の冒険者でも
戦力が低下するようになってしまいました
恐らく状態異常にかかった冒険者が発動している執念等の戦力向上スキルが
無効化されてしまうのではないかと思います 以下事例

18番が軽傷状態の時、戦力は4.4e019です
回復後は…

5.0e019になっていますね
これからは状態異常の回避により気を配らないといけなそうです
ついでに軽傷の回復時間が3分から1分に短縮されていました

② ミミックを倒すと宝箱が出現する事がある
うっかりスクリーンショットを取り忘れましたがTwitterに上げてくれている方も
居ますので見てみたい方は検索してみてください

開ける為には罠を判別し解除する必要があります
前回では何の意味も無かった罠判別能力が活きる時が来ましたね
この数値は盗賊・忍者が高く、編制中の冒険者上位5名の合計値によって
罠判別の成功率が上下します

Twitterでは罠判別に成功しているパターンが上げられていたので
私は敢えて失敗してみるか、と盗賊を編制せずに判別
成功率は33%で石弓の矢、と出ました
そして解除すると案に相違して成功 こんな時にヒキ強でなくてもいいのに(^_^;)
中身はスキルポイント3でした
ところで石弓ではなく弩が正しいかと思います 石弓だと正確には誤用
本家ウィザードリィでは冒険者1名に少ダメージ
それから推定するとこちらでは冒険者1名に軽傷か重傷ですかね

③ 上記にもあるスキルポイントのシステムが大きく変更
前回はスキルポイントの入手手段は潜った階層に比例する分だけでしたので
それをいかに効率的に割り振るかが肝でしたが、宝箱からも得られる様に
なったのでごり押しで全てのスキルのレベルを上げられるようになったかもしれません
宝箱からの入手には上限がある可能性もありますが 詳細は現時点では不明

④ ボス敵の放ってくる特殊攻撃に変化が
フロア4のボスはグレーターデーモンなのですが
全体攻撃を放って来ないようになりました
もしかしたら放ってくるのかもしれませんが極低確率ですね

なんなら攻撃してこない事もあります
①に書いた通り状態異常の効果が強化されたのでその分
状態異常付与攻撃は弱体化させてバランスを取ったのかもしれ
ません
まさかバグではないと思いますが… バグでも仕様でも不思議ではない微妙な線(^_^;)

前回だとボスが攻撃してこないのは特定のフロアだけでしたねえ
攻撃してこない事が珍しくなくなりましたので、攻撃してきたらすぐに
右上のBOSS  LEAVEボタンを押して逃げれば状態異常を完全に回避可能になりました

⑤ 冒険者の固有スキルがレアリティによって数値が大きく異なる様に
ちょっと前回の数値を覚えていないので自信は無いのですが、
こんなにレアリティによって数値が違わなかった様な気がします

例えば私が唯一持っているレジェンド冒険者の固有スキル触媒
これはMPの回復速度を向上させるスキルですが
コモンだと+0.1、レアだと+0.2、
エピックだと+0.5、レジェンドだと+1です
前回はここまで差が無かった様に思えます
MP回復時には普通にレア以下でも編制していた記憶がぼんやりと
現在の数値だと編制する手間に見合わないような…
他スキルもレアリティによる差が大きくなっていると思います

⑥ MPの回復速度が大幅に減少
前回は確か1分毎に1回復だったと思うのですが今回はなんと0.3に!
自然回復だけではよほど長時間放置しないと満タンにならないですね
スキル触媒が必須レベルになりました

個人的には上記にもあるとおり唯一のレジェンド冒険者が戦力向上スキルを一つも
持っていない触媒持ちのビショップですので、前回の仕様だとせっかくのレジェンド
なのに全く使い道が無い!と思っていたのが輝いてきたのでちょっと嬉しい^^
…ですが大抵のプレイヤーにとってはイライラ要素が増えただけな様な気がしますね

編制デッキを複数作成させておき、編制切り替えはワンタッチ、という機能があれば
触媒持ちだけで編制したデッキを作っておけばそれで済むのですが…
と、いうかあれだけ公式DiscordでもTwitterでもこの機能が無いと不便でかなわない、
という意見で溢れていたのになんで実装されていないのですかねえ
第二フェーズは12月予定だったのを2月半ばまで延長したというのに開発チームは
何をしていたのやら せめてソート機能だけでも実装して欲しかった物です

⑦ ギルドマスターのレベル上げによるタップダメージ向上が弱体化
これは私自身では確認していないのですが公式Discordでそう仰っている方が居ました
なんでもレベル500でダメージ向上の限界を迎えてしまうとか…
私は前回の仕様だとタップダメージが有効になってくるのは相当深層階からなので
全く見ていませんでした(^_^;)

⑧ 致命的な攻撃等使用するタイプのスキルの効果時間が延長
効果時間が1分と前回より長くなっている気がします

⑨ レガシーアイテムの貫きの槍を保有していなくても貫通攻撃が発生する
バッシュ攻撃でオーバーキルした際、一度に複数体撃破したのを確認しています


取り敢えずここまでで一区切りにして感想

プレイヤーに不利な変更点も有りますがゲームとしてはバランスが良くなって
面白くなっていると思います
前回だと盗賊には存在価値がありませんでしたし、スキル触媒を持っている事が多い
僧侶やビショップも使いどころが多くなりました
この調子で改良を続けていって欲しい物です

新規参加プロジェクト⑥&マントルジャーニーの対応NFT保有によるエアドロについて

新規探しはちょっと失速中


期日忘却
gomble gameのエアドロップ登録

https://airdrop.gomble.io/airdrop

2月8日
MinterestにmETHを少額ステーキング開始

https://mantle.minterest.com/

マントルジャーニーのアナウンスでmETHを保有しているとエキサイティングな報酬が
という何らかのエアドロップを示唆するものがありました
給付金案件の中には特定のトークンを保有しているとエアドロップを受けられる物も
少なくないので、これも同様のタイプと思われます

問題は保有している事が条件の為資金が少ない人間には不利な事
単に保有しているだけで良いのなら資金の多い方が有利なのは当たり前
今迄のマントルジャーニー、正確にはマントルジャーニー・ムーンショットの様に
ある程度手間がかかる案件なら弱小資金者でもそれなりに張り合えます
と、いうかNFT価格がお手頃なので資金力による優位性はあまり無かったと思います
MNTの保有額に応じてマイルが少し貰えたくらいではないかと

まあそれでも物は試し、と私でも無理のない金額、
100ドル程度をmETHにしてみます
これでどの程度のエアドロが受けられるのか
あまり期待はせずに待ってみます 何事も経験

そして、エアドロを受け取れる条件が公式Discordの英語チャットでMODらしき方が
「hold or use in mantle L2 defi」と発言していました
保有するか、マントル上のdefiで使用するか、なので恐らくdefi
ステーキングしていても構わないのだろうと判断
Minterestでステーキング(サイトでの表記はSupply)しておく事にしました

今迄の成果で今後半年Minterestからエアドロを受け取れる
予定なので丁度良いですしね
現在の利率は独自トークンであるMINTYで受け取りが11.72%、
MNTで6.61%、mETHで7.05%の計25.38%と書いてあるように見えます

バイビットの様な大手なら期間限定の短期間でしか有り得ない利率です
defiなら珍しくないらしいですがその代わり詐欺もゴロゴロしているわけですね
常識外れの利率を提示し、更に一定額以上入金すると利率が倍!とかを真に受けて
入金したら最後、決して出金出来ずその内サイトも消失する、と
なのであまりにも高すぎる利率の場合は詐欺でなかったらラッキー、程度の
額に留めておいた方が無難らしいです

ここはそこまで非常識な利率ではないし、私は少なくとも半年は
ラグらないという前提で行動してしまっているので毒を喰らわば皿まで
もし詐欺でも100ドル損害が増えるだけの精神で行きます
マントルジャーニーのタスク消化時にはタスク完了後即座に出金が出来ましたしね

なおここで最高利率なのはUSDYの計75%
Miterest自体がラグる、独自トークンのMINTYがいつまで経っても上場しない、
USDYのペグが外れて暴落する、等の可能性を許容出来るのなら
ステーキングしてみるのも良いかもしれません


同日
izumi financeのiポイントを収集開始

https://izumi.finance/iPoints

ポイントを貯めておけば将来エアドロを受けられるみたいです
Mantle ネットワークの場合
毎週一回計100ドル相当取引、独自トークンiziを計50ドル相当以上取引
の二つのタスクをこなせばiポイントが計40貰えます

USDT50ドル分をiziに、そしてUSDTに戻す、とやればどちらのタスクも完了しますね
往復で1.2MNT程ガス代で消費するのでそれを上回るエアドロを受けられるかは不明
これも物は試しですね
他にもポイント獲得手段はありますが最低300ドル以上の額を流動性提供なので断念

2月9日
BlasterSwapの全員エアドロに登録

https://twitter.com/nr_3588/status/1754059833232503277
何もしなくてもこのDEXの独自トークンが300貰えます
未上場なので価値は不明
未上場以前にそもそもBlastは新興チェーンでまだテストネットの段階だと思いますが
新興なので色んなプロジェクトが大量に立ち上がっておりエアドロ狙いには
うってつけらしいです …まだ殆ど調べられていないのでよく分からないのですが

なお応募者全員がエアドロが受けられますが、一度でもETHチェーン(ERC-20)
でのトランザクションが存在するウォレットである必要がある、という条件があります
私は原則新規プロジェクトはスキャム対策で空のウォレットを利用している為
少し困りました
随分以前に少し使っていて今は空のウォレットがあったので何とかなりましたが


2月10日
VIP3のゴールドパスのフリーミントGiveawayに応募
これを保有しているとUniswapを始めとした多くのDEXで取引手数料の20%割引
が受けられるとの事です 正直なんか怪しい(^_^;)
怪しいですがフリーミントなら害も無かろう、と複数応募
当選したのはこちら

https://twitter.com/tomoyan_CREST/status/1755564807011565734
当選率113分の5ですが他にも10件近く応募しているので、合計すれば
当たっても不思議ではないくらいの確率かと

2月12日
マントルジャーニーの報酬 FusionXで配布が開始されたためクレーム
今更ですが暗号通貨でのクレームは日本で
一般的に使われる意味とは異なり「請求」を意味します
つまり報酬を請求=トークンがウォレットに振り込まれる、という事ですね

当初の予定では500万トークンが3000人に配布=1人当たりは1667だったのですが
実際には2326人に配布となり1人当たりは2148となりました
これは同一ウォレットに対応NFTを複数所持していても受け取れる報酬は
一個分だけというルールを見落として複数所持していた人
それと通常NFTを対応NFTにアップグレードさせるアイテムを入手したのに
使い忘れていた人が意外と多く居たからだと思われます

ルールも把握せずに参加している人がこんなに多いとは意外ですが
そのお陰で報酬が増えるのですから有難い事です^^
Minterestも同様に26.4の予定だったのが34.1に増加
毎日0.2ずつロックが解除されていき8月1日に全ての償還が完了する様ですね

なおどちらもTGEや上場がいつなのかはまだ不明
Apexは詳細が発表されるのは2月21日予定

 

2月15日

マントルジャーニーの公式Discordで紹介されていたマントルネットワークでのBCG
の各種キャンペーンに応募
https://vhcwn0f9fz2.typeform.com/to/TsLQnBy1
https://app.questn.com/quest/871802587761856694
https://galxe.com/mantle/campaign/GCkKbtwkeB
https://www.premint.xyz/WLF_PROJECT/

どうやら人狼ゲームをモチーフとしたゲームをいくつかリリースしている様です
ここでは二つのBCGがキャンペーン対象
公式HPが日本語対応していて海外プロジェクトでは珍しいな、と思ったら
中心メンバーは日本人の模様
人狼ゲームの世界では有名らしい方が代表を務めておいでです
まだまだDiscordやTwitterのフォロワー数が少ない為先行者利益が狙えるかもしれません

ただ片方のBCG、WLF Last GenerationsのNFT予定価格は1ETHと
WLが当選しても私では買えませんが(^_^;)
正確にはギリギリ買えなくはないが一つのBCGにそこまでは投入出来ない、ですね
MEEETのアービトラムで約1ETHはBSCでそこそこの結果だったため
調子に乗った結果ですので 結果惨敗( ノД`)
エクウィズの1000ドルが大体の上限

それにゲーム説明を読む限りでは大勝ちか大負けの可能性が高く安定性が低そうですし
ゲームプレイ時間は極めて短い、というか多分一瞬
資金はあるが時間は無い、という方に向いているかもしれません


最近少しダレ気味であまり新規プロジェクトに手をつけられていません
今はBlastのお触りが熱そうではあるのですが調べる気力が沸かず…
趣味の麻雀メタをついやってしまいます
私の腕だと稼ぎは極僅かでBCGとしては時間の無駄レベルですが面白いのでつい(^_^;)

もう少し頑張りませんとね

新規参加プロジェクト⑤、及びここまでの成果

今迄のヒキ弱が嘘のよう

1月31日
GGという位置情報ゲームのアーリーアクセスに参加

https://twitter.com/ggdotzip

1月30日
MANTA SOCIETYのNFTのフリーミント権(WL)に応募

https://twitter.com/umita_nft/status/1751786503280513043

なんと当選!当選率は143分の2
まさか当たるとは思わず、お、なんかいい感じのゆるキャラNFTだな、と
何の気なしに応募していたのですが…
MANTAは先日バイビットに上場していたので聞いた事はありましたが
チェーンが何なのかすら知らない有様でした

なので当選通知を頂いてから慌てて調べ、Manta Pacific と言う独自チェーン
と判明 独自チェーンなら専用のウォレットが必要なのか?とそれっぽい
ウォレットを入れてみたもののなんか違う雰囲気…
じゃあ公式Discordを確認してみるか、と見てみたら丁度
何のウォレットを使ったらよいのですか?と質問している方がおり
その返答がメタマスクと何の変哲もないものでした(^_^;)

そして紆余曲折はありましたが2月2日に無事フリーミント
ちなみにこのGiveawayを開催していた方は今日ミント日ですよ、と
わざわざDMしてくださるという至れり尽くせり
有難うございますm(__)m
フリーミント後の有料パブリックミントで0.05ETHだった為
今の所フロア価格もそれぐらい つまり115ドル程度
なお、NFTはERCC同様保有していると様々な特典が有るタイプらしいです

同日 以前書いたZoomexの新規口座開設者限定ボーナスに付随して
Zoomexではなく個人で5USDTという少額ながらGiveawayをしている方に応募
この方のリファから新規口座開設すればこの方にZoomexから報酬が
支払われるのでしょう

こちらは一見応募者が多いですが恐らく新規口座開設した人間しか
抽選対象にならないと思われたので応募しました
思惑通り当選 少額でも貰えるものは貰っておきませんとね^^

https://twitter.com/mirai50162247/status/1747914960678907948



2月1日
デイリータスクをこなしているヨガペッツがコラボ?しているeeaee
テストネットへの参加を促してきたので参加…したのはよいものの
ロフィール入力以降は何をすればよいのかわからないので放置
一応ロフィール入力だけでも1200ポイント貰えたので後ほど役に立つかも?

eesee | Gamified NFTFi & SocialFi platform



2月3日
 

ForwardProtocolのGALXEタスクを消化

 https://twitter.com/ForwardProtocol/status/1752821442868076780

これをこなしておくと最後のIDOが2月5日予定、取引所にも上場予定のトーク
FORWARDがエアドロされるらしいです
但し既に参加者19万人でエアドロ総数は50万 一人頭2.6程度
そしてトークンの公募価格は0.012ドルなので上場時に10倍になってくれても0.3ドル(^_^;)
流石に少なすぎますし、50万ドル相当のトークン、かもしれません
それならちょっとした小銭稼ぎにはなるかも?

これだけでは物足りないので5日のIDOでの購入権WL(100ドル分)
のGiveawayにも応募 ハズレ

https://twitter.com/lucianlampdefi/status/1753614059847778679

なおForwardProtocolが何を手掛けている会社なのかは私には読んでもよく分かりません(^_^;)
暗号通貨に関する画期的な開発システムを発明した、的な感じでしょうか
まあ、重要なのは既に行われたIDOが全て完売で上場時に値上がりが期待出来そう、
という点だけですのであまり気にするつもりはありません

翌6日に上場 最高値は約0.035ドル、即売りすれば0.025~0.03程度だったと思われます
時々期待外れは有るものの原則としては上場価格は公募価格を上回りますね
WL当たっていれば100ドルが200ドルちょっとになっていた計算


同日 麻雀メタがzealyのタスクを開始したので一応参加

https://twitter.com/0xMJM_JP/status/1754325149791457446

賞品はMJM、今はまだ換金不可能なゲーム内にのみ存在するトークンで
現状使い道が殆ど無い物な為あまり有難みは無し

一応TGE(トークン発行)が数か月以内、と言ってはいますが発行しても取引、
つまり換金が不可能なままであれば特に意味が無いですしね
一般的にTGE=CEX上場か少なくともDEX上場ではあるのですが、これだけ過疎って
いると発行しただけで上場はしません、と言われても不思議ではない気が(^_^;)
過疎を何とかするべくこのようなキャンペーンを開始したりと
頑張ってくれてはいるのですが…

同日
Sola CityのLANDフリーミント権(WL)、及びプレセール参加権(OG)
のGiveawayに応募

https://twitter.com/yomekichi_nft/status/1753759265976951176


結果 WL当選! 当選率は60分の5
こちらは先日のMANTA SOCIETYのNFTのフリーミント権(WL)Giveawayを
開催していた方と同じグループに所属する方が開催していました
そのCLOSEPA DAO様というグループのDiscordに参加させて頂き
挨拶させてもらっておいたのが良かったのかもしれません

私も一度だけ縁があって放置NFTのGiveawayのお手伝いをした事があるのですが
無言で応募してくる人よりは一言くださる方に当ててあげたくなりましたし
まあ、実際には公平であるべきだ、とサイコロを振って決めましたが

これは私がそう思っただけで、公平でなければならない、というルールは
ありませんので応募時は一言コメントする様にしています
その一言で当選率が上がるかもしれない、少なくとも下がりはしないはずですので


今年1月からBCG以外にも見境なく手を出してみよう、とやってみたら
フリーミントだけでも三件当選 それぞれの2月7日時点フロア価格は…
ERCC 0.47ETH≒1111ドル、Manta Society 0.0415ETH≒98ドル
Sola City ミント前なので不明ながらパブリックセールの価格から
推定すると少なくとも1.2SOL≒115ドル

これらが皆極僅かなガス代のみ
その他のGiveawayや投資も少額ながらプラス
しいていうならBRCトークンの早い者勝ち購入権は購入に失敗した為
ウォレットヘの送金ガス代約30ドルが損失 BRCのガス代は高い(^_^;)

更にガチャのヒキ強で1000ドルはくだらないであろう
エレストワールドのジェネシスNFT
こちらは投資3万円=200ドルちょっと

異様な程に順調です^^
現時点で利益確定すれば念願の納税権利はもう得られていますね
雑所得の無税上限は20万円ですので
こうなると払いたくないような気もしますが(^_^;)

本業、とでも言うべきBCGはエレストワールドに急遽参戦しただけで
他は特に無し
Heroes of Maviaを一度はダウンロードしたものの画面が小さいし
単純な内容ではないから英語だと厳しい、と止めてしまったのが残念
その後アカウントを持っているだけでトークンエアドロップやら
多少不自然ではあるが日本語表記も可能やらを知った時にはもう手遅れ( ノД`)

もうすぐエクウィズの第二フェーズが始動するようですのでそれに期待
と、いっても第二フェーズは無報酬との話ですが(^_^;)

マントルジャーニーシーズンアルファ終了 まとめ

満足のいく結果

1月24日

マントルジャーニー
以前275MNT(購入時約220ドル)でKTX対応NFTを購入
そしてそれを保有していればおよそ350ドル分のトークンエアドロを受けられるので
お得、ただそんな美味い話があるのか自信が無い、と書きましたが…
今日エアドロについての説明をよく読んだらKTXのエアドロは20%ずつ、2ヶ月毎に
受け取れるシステムとの事でした

つまり計8ヶ月資金が拘束されてしまうのと同義ですね
更に8ヶ月もの間トークン価格が下落しない保証は無い、と 
逆に上がる可能性もありますが、リスクが小さからず有りますので、
スナップショット前に売却する事にしました ここ数日暗号通貨は軟調地合いですしね
414MNTで売却成立 手数料は1%なので409.86MNT

これをUSDTに変換すると250.5ドルに ガス代を引き+30ドル
勘違い、というか見落としている点があり購入してしまったのに30ドル浮いて
くれたのなら上出来も上出来^^


そして唯一自力でアップグレード出来たIZUMIファイナンス対応NFT
IZUMIファイナンス対応NFTを保有しているとエアドロップされるのは
およそ2533IZI 1IZIは現時点のレートで0.0142ドルに下落しているので約36ドル

こちらは全額すぐにエアドロされますが…
記事執筆時IZUMIファイナンス対応NFTのフロア価格は138MNT
手数料1%を引き136.62MNT=83.5ドル
何もアップグレードされていないNFTのフロア価格は50MNT=30.56ドル
スナップショット後はアップグレードされていても、されていないNFTと
同価値になると推定されます

なのでIZUMIファイナンス対応NFTの適正価格は36+30.56=66.56ドル
実売価格が適正価格を大分上回っているのでこれも売却する事にしました
まだNFTが安かった頃に購入したので購入価格は16.5ドル
アップグレードさせる為に消化したタスクで消費したガス代は合計5ドル程度
なので83.5-16.5-5=+62ドル

そして逐一書いてはいませんがNFTが安い時に買って高い時に売る、
下がったら買い戻す、とたまに売買していた利益が30ドル位
全て合計すると+122ドル

これで現在保有しているFusionX対応NFT(購入時68ドル)と、今後何かの役に立つ
かもしれないと思い今日購入したアップグレードされていないNFT2体(同61.12ドル)
の購入代金が丁度賄えます  なのでBCGで言えば原資回収達成\( 'ω')/
しかもFusionX対応NFTのフロア価格は177.5MNT=約110ドルと謎に急上昇中


1月30日

現在のアップグレードされていないNFTフロア価格 48.5MNT=30.7ドル
Minterest対応NFTのフロア価格 96MNT=59.25ドル 差額28.55ドル
Minterest対応NFTを保有していると半年で計26.4MINTYがエアドロされます
MINTYはまだ上場していませんが上場予定価格は2.5ドルと明言

つまり半年間28.55ドル拘束される代わりに66ドルになるのと同義
単純計算で年利200%は軽く超えます
実際には少しずつ償還されるので拘束される資金は一月平均だとその半分
リスクはKTX対応NFTと同様トークン価格の下落ですが…
いくら資金が弱小の私でもたった28.55ドルくらいなら気になりません
と、言う訳で購入しました
アップグレードされていないNFT1体売却

2月1日 午前5時
Twitterをチェックしていたら爆上げ中のAPEXをGiveaway、というのを見つけ
慌てて確認してみたら確かに以前タスクを消化した時と比べおよそ7倍に!
つまりAPEX対応のNFTを保有していると100APEX≒243ドルのエアドロと
かなりの物になっていました

当然それに比例して対応NFTの価格も上昇しているだろうなあ、と思ったら
そこまででもなく220MNT≒129ドル
1月30日のMinterestの時と同様の計算をしてみると…

現在のアップグレードされていないNFTフロア価格 44MNT=25.8ドル
APEX対応NFTのフロア価格 220MNT≒129ドル 差額103.2ドル
そしてエアドロ方式もMinterest同様半年かける方式
よって同様に半年間103.2ドル拘束される代わりに243ドルになるのと同義
Minterestを僅かに上回る利率です
ただ、ここまで急上昇したのだから調整で急降下する可能性も低くはありませんが…
もしかしたら更に勢いを増すかもしれませんし運試しに購入
アップグレードされていないNFT1体売却

ちょっと気になる点はスナップショットは2月1日の何時なのか非公表な事
まあ多分UTCだろうから日本時間午前5時ならまだ1月31日でしょう
NFTの価格も値崩れしていませんしね

なお以前かなり美味しそう、と勘違いして一時保有していたKTX対応NFTは
NFT価格はドル換算だと約286ドルと売却時より上がっているのにKTX価格は逆に
1.12ドルから0.99ドルに下降しており旨味がかなり減っている様ですのでスルー
そもそも私の資金力では300ドル近くを8ヶ月拘束されるのはちょっと…ですし
有望そうなBCGが見つかればそれに投入するのが本来の用途なので

しかし予想されるエアドロ額とNFT価格が今一つ連動していませんね
そんなものをチマチマ気にするのは資金力に乏しい故なのでしょうか…
いずれは私も細かい事は気にしなくて済む程の資金力を得たいものです


少し時系列は前後しますが1月29日

プロフィール登録やタスク消化の為の取引の副産物として得られていた
マイルの報酬が配布されました
私は特にマイルを稼いでいなかったので1620しかありませんでしたが
それに対する報酬は…
画像

約93MNT≒50ドル

思っていたより遥かに多くびっくり
バイビットの様な大手が行うのだからスキャムの可能性はほぼ無い代わりに
極僅かな額にしかならないだろうと思っていました
バイビットでこれなのだからリスクの大きい新興勢力での給付金案件は
成功した場合相当な収入になるのでしょうね 皆さん必死になるのも納得

その代わりスキャムの可能性も高い、Twtterでベテランらしき方は
「投入した資金は帰ってこない物と思ってやるくらいが丁度良い」
と仰っていました
投入資金の半分をスキャムで失っても残り半分が倍より多くの利益を
上げてくれればプラスになる、という事でしょうか

比較的安全と思われるこの案件でもトランザクションを繰り返し
マイルを4、5万稼いだ方は単純に30倍で1500ドルくらい!
公式Discordでは珍しくなくおられました
当然ガス代は必要でしょうから経費もそれなりにかかったのでしょうが


ただ、運営にシビル判定されてしまうと1銭も貰えないというリスクはあるようですね
シビルとは検索したら辞書的な定義だと大分違いますが、
要するに不正、イカサマと考えておけば問題ない様です
シビル判定に関し公式DiscordでMODと思しき方が基準を示してくれたのですが
あまりよく分かりませんでした(^_^;) 以下引用

①高い確信度で3つ以上のアドレスからなるクラスター内で
 資金を移動しているアドレス
②類似の活動やボット行動を示すアドレス
③同じソース (ブリッジなど) から資金提供を受けたアドレス
④X-explore/0xScopeによってEthereumおよび複数のEthereumレイヤー2チェーンで特定された高い確信度のシビルアドレスを含むその他の潜在的なシビルチェック

①はただ複数のウォレット間で資金を回しているだけで
何も生産的な活動を行っていない、という事でしょうから分かります
②は…同じ事ばかりやっていたらダメ、という事でしょう
ガス代や手数料が少くて済む1MNTをUSDTに、その逆の取引を繰り返すとか?
手動ならまだしもBOTを組んでの自動など言語道断、と

③同じソースから資金提供を受けた?同じウォレットから入金という意味でしょうか?
それなら私もバイビットから必要になれば出金(入金)、という感じでしたので
引っ掛かってしまいそうな気もしますが…
不自然な頻度でなければOK? 違う意味なのかもしれませんが分かりません
④分かりません(^_^;) 多分X-explore/0xScopeというシビル判定を行う
プログラムか何かに弾かれたんじゃないでしょうか
こちらが知りたいのは弾かれる基準なのですがねえ…

こちらをシビル扱いするか否かは運営の胸三寸次第ですのであまり
不自然な動きはしないのが良いのかもしれませんが、それだとマイルが稼げないし
判断が難しそうです


これにてマントルジャーニーのシーズンアルファは終了です
現時点(2月6日)
での収支はドル換算で
総投資334.37  回収273.49 -60.97ドル

保有資産
Citizens of Mantle NFT3体
フロア価格44MNT×3≒78.6ドル

今後配布予定のトーク
1667rFSX まだ発行・上場前 予定価格は0.02ドルなので33.34ドル
半年で計26.4MINTY 同様にまだ発行・上場前 予定価格は2.5ドルなので66ドル
半年で計100APEX 209ドル

NFT・トークン価格が変動しない仮定で計算するとおよそ326ドルのプラス見込み
NFTは今後始動するであろうシーズンベータでも使えるでしょうから売却予定は
ありませんので、その分を抜くと247ドル

私は12月9日からの中途参加でスナップショットが2月1日でしたので2ヶ月弱程度
必要に応じてMNTを入金(投資)、出金(回収)していた為見た目上の総投資が
334.37ドルとなっていますが、実際に投資した金額は最大時でも300ドル未満
2ヶ月弱で倍以上、それもBCGに比べると費やした時間は短い、と上々な結果
その代わりBCGと違い面白くはありませんが、経験を積めました

まずは初心者向け、大手の開催する給付金案件で経験を積めたので
徐々に上級者向けの案件にも手を出していきたいと思います^^
最後に次シーズンで役に立つかもしれない覚え書きを一つ

全てのグレードアップ済み(トークンエアドロ対象)NFTはスナップ
ショット日の
2月1日の数日前からかなり価格が上昇して行ったので1週間くらい前に買って
直前までに売却すれば値上がり益が見込めるかも


ONDO上場記念高利率ステーキングキャンペーン(ローンチプール)の落とし穴 (追記アリ)

想定していなかった損失が


まずは前提条件と得られた利子を
キャンペーン期間(2週間)中の平均ステーキング額は約1259USDY
キャンペーン期間中は1USDY=1.02USDTでほぼ固定されていた為1284.18USDT相当
それで得られた利子はONDO払いですが都度USDTに変換しておりその合計は102.31ドル
なので利率に換算すると7.966% 前回の記事での概算8%とほぼ一致

そして2月1日キャンペーンが終了したためUSDTに変換したのですが…
1USDYが1.02から0.989に下落していました(^_^;)
どうやらキャンペーン終了と同時にみなさんも一斉に売ったみたいです
USDCやUSDTといった大規模なステーブルコインなら1取引所のキャンペーン終了に
伴う売り程度ではびくともしなかったと思いますが、まだあまり市民権を得ていない
USDYだと完全には売りを吸収しきれなかったみたいですね

或いはやろうとすれば維持出来るが1.02と少し高かったし
この機会に下げよう、と思ったか
1.02よりは0.989の方が乖離が少ないですし
そんなわけで価格変動による損失が発生してしまいました
最終日のステーキング額は1114.53USDYだったので
1114.53×(1.02-0.989)=34.55ドル

なので純利益は67.76ドル、利率換算だと5.276%でした
これでも十分な数字ではありますが最終日の利子は7.53ドルでしたので、
最終日は捨てて前日に変換していれば価格変動による損失と利子は
共に無しとなり利益があと27ドル多かったですね

もし今後USDYを対象とする高利率ステーキングキャンペーンがまたあれば
その時は終了日の前日に撤退する事にします


次回こそマントルジャーニーのまとめを行う予定です

8時間後追記

各所から非難されたのを受けてか買い戻されており一時は今までを上回る1.024に
それで売りが再び殺到したのか、2月2日午前9時30分の時点では1.01
利回りの発生するステーブルコイン、を標榜し発行からまだ数か月
チャートを見ると以前1を割った時もすぐに買い戻されていたので少し
待つべきだったかもしれません

ただ、過去にペグを外れたステーブルコインは私でも知っている有名どころだとLUNA
検索してみたら他にも複数前例が有りましたし難しいですね
バイビットの様な大手が開催するキャンペーン中にペグが外れる事はないだろう、
と楽観視していましたがちょっとヒヤリとしました(^_^;)
まあ、今回は結果的に大きな問題は無かった、という事で

追記終了

エレスタPGT4900で購入のガチャ111連結果及び最近の新規参加プロジェクト④

初の大金星

期待値の2体を上回るNFT3体獲得
それだけなら普通にヒキ強、という程度ですがなんとその内1体は限定ジェネシス
出現率はジェネシス・通常計で0.4%と詳しくは不明ですが、この後行われた
クレジットカード決済でのコラボガチャだと0.04%!
それを僅か111連で引き当てるとは…
画像

前回も書きました通りBCGを2年ちょっとやっていますが開幕戦で高レアリティの
NFTを引けたのはこれが初めてです\( 'ω')/
ですが、このゲームだとジェネシスでも戦闘力は通常のNFTと変わりない様ですので
売却しようと考えているのですが適正価格がさっぱり見当がつかず…
まあ他のジェネシスの価格を見ながら適当な値段で売りに出してみます
ジェネシスは安くても1000ドルはするみたいなので原資回収は確実ですね^^
最近色々と好調で何より


では、引き続き最近の新規参加プロジェクト④へ
と、言ってもそんなに多くありません 解説が長め

1月27日

KudasaiJP様のDappOS(@dappOS_com)のGMX VoucherのGiveawayに応募
参加料1ドル
結果 当選率423分の150で運よく当選 但し10ドルのOrdinary Coupon

https://twitter.com/kudasai_japan/status/1750805852947411312

GMX Voucherとは何だろう?と思いつつ申し込みフォームに移動すると

- Ordinary Coupon:キャンペーン終了後、損失額をクーポン額まで補償

- Bonus Coupon:利益が100%を超えた場合、利益が2倍に

- Revival Coupon:全資金を失った場合、清算後24時間以内にクーポン額まで返金

どれかのクーポンが$10, $20, $50, $100ドルのいずれかで当たります。

との説明文が 自力で調べる手間がかからず有難いですね^^
GMXというのはCEXだかDEXだかは分かりませんが暗号通貨の取引所でしょう
そこで取引に使えるクーポンが貰える、と
これだけならちょっと使いにくいですが工夫すれば確実に小遣い稼ぎにはなります
即ち…他取引所を用いた両建て

例えばGMXでETHを購入、そしてどこでも良いですが私ならバイビットでETHを売る
売ると言っても現物を売るわけでは無くデリバティブ
売りポジションを建てる、ですね 株で言えば信用取引空売りです

そうすれば相場がどちらの方向に動こうともトータルでは±0 極僅かな手数料だけ
そして、それぞれの取引所でクーポンの上限額になるよう
指値、逆指値注文をしておきます
Ordinary CouponかRevival Couponだった場合うまくGMXで
負けてくれればクーポンの額だけ儲かります
Bonus CouponならGMXで勝ってくれたら儲かります
運悪く逆になってしまっても±0ですし取引量を増やしていけばその内
勝ち負けを反転させる事が出来るでしょう

リスクがあるとすればGMXがちゃんと出金に応じてくれるか
多分こんな少額の出金を拒んだりはしないと思いますが
よく暗号通貨の取引所が出金に応じてくれない、とトラブルになるのは
桁があと3か4は多い金額ですからね
最大でも100ドルの為に評判を下げるような真似はしないと思います

これは少額でも確実に稼ぎたい、という方法なので普通にクーポンで
取引しても良いでしょう
Ordinary CouponかRevival Couponならクーポンの上限額の損失が出たら撤退
すれば±0ですので
実際私は今Bitgetで初回入金ボーナスの上限50ドルを普通に取引していますし

これの応募を行うためにDappOSのTwitterをフォローした際に他のキャンペーンも
発見したのでそちらも応募

https://twitter.com/osa3210/status/1750822001755996395
こちらは無料 報酬は同じ その代わり簡単なタスク消化をする必要がある、
先着500名、このプロジェクトに関してツイートをする必要がある、と制限があります


1月29日
ElfinMetaverseのLANDのGiveawayに応募 無料

https://twitter.com/nr_3588/status/1751897378943287678
Giveaway開始から応募締め切りまで僅か5時間足らずなので当選確率は比較的高そう
ゲームに使用する訳ではなく持っていると様々な恩恵が受けられる会員権的NFT
結果 ハズレ


1月30日

BagsのOGカード購入 1.5SOL≒158ドル
何だかこの数日Twitterでよく見かけました
利益を出している方だろう、と私が思っている方々が軒並み買っているので
軽く調べただけであまり考えずに購入

なんでもこれは昔DeGodsNFTというプロジェクトを創設した方の
新規プロジェクトとの事です
そのDeGodsNFTの現在のフロア価格はなんと3.2ETH≒7600ドルという超高値

そんな方が新たに始めるプロジェクトなのだから値上がりが見込まれる
また、保有しているとエアドロがある、という触れ込みです
2月24日のアプリリリースまでに購入すると75%オフで1.5SOL

さて、大物が仕掛けている商品で今だけ限定75%オフ、
値上がり確実で配当もあるし買わなきゃ損だよ!
こんな煽りセリフをリアルで聞いたら典型的な詐欺商品としか思えませんね(^_^;)
仮に誰かに勧められたらそんな魅力的な商品が実在するのなら
他人に勧めないでお前が買うだろ、と言うところでしょう

しかしここは暗号通貨の世界
詐欺もゴロゴロしている替わりに美味しい話もまたゴロゴロ転がっています
例えば先日ご紹介したバイビットの
ONDO上場記念高利率ステーキング(ローンチプール)
キャンペーン期間は約2週間と短く、ステーキング可能な額に上限は有るものの
利率が維持されればその期間でおよそ10%増える見込み、と書きました

参加者が増える程利率も下がるシステムな為、当初の利率よりは下がりましたが
それでも残り2日まで来てどうやら8%程度は増えて終了する見込み
ステーキング対象は米ドルとのステーブルコインなので価格変動のリスクは
極めて小さく、年率換算およそ200%
一般的な投資商品なら当然、リスクの大きい投機商品でもまず有り得ないですね
投資商品なら2週間ではなく1年で8%でもかなり優秀
真贋見極めるのが困難ながら美味しい話が間違いなく実在する世界です

そんなわけで購入してみました
決め手は冒頭でも書いた通り私が勝ち組だろうと思っている方々が購入している事
そして存在を忘れていたSOLが1.7程有ったためです

これは昔6千円程度の頃に買い、その後SOLのシステムに
何かトラブルがあって2千円くらいにまで暴落
更に、それはあるBCGに参加する為に購入したもののどうやらスキャムっぽい、と
散々な目に遭ったので少し余ったSOLも面倒くさい放っておこう、と
投げやりになって放置していたものです そうしたら、今や1SOL14000円超え
Bagsの購入の為ファントムウォレットを久々に開いたら丁度購入代金程度
有ったのでこれ幸い、と

もし購入したい方がおられたらこちらからお願いしますm(__)m

http:// https://bags.fm/$3fgunzrzzuepykl?/  

但し価値が0になっても仕方がない、という覚悟が無ければ止めておいた方がよいかと
ジャンボ宝くじを70枚ほど買う、くらいの気持ちがオススメ

同日
Zoomexの初回入金ボーナスキャンペーンに参加

https://twitter.com/Zoomex_JP/status/1751716808418287906

新規口座開設者限定で200ドル以上入金すれば200ドルのボーナスが貰えます
これまた胡散臭いですね(^_^;)
とは言えこちらはわりといろんな所でよく聞くキャンペーン
身分証提出によるKYC(本人確認)が不要とお手軽 電話番号のみでOK

入金したは良いが出金出来ないという奴では、と勘繰り公式Twitterを見てみたら
2022年からTwitterを利用しており随時キャンペーンを行っている模様
詐欺会社だったら1年も持たず雲隠れしているだろうから多分大丈夫だろうと判断
丁度DappOSで解説した手法で確実に200ドル取りに行こうかと思います
ただ、この手法考えはしていたものの試した事は無い為、実戦で上手く行くかは未知数
何か見落としている点が無ければ理論上は大丈夫なはずですが…

なお胡散臭いので少しは調べてからにしよう、と思っていたらなかなか時間が取れず
期限ギリギリに(^_^;) もう今からでは間に合いません


最近BCGはあまり探せていない、というか探しているつもりなのですが
HITするのはそれ以外が多いですね
次回も先日シーズンαが終了し報酬配布完了、2月1日にスナップショットを迎える
マントルジャーニーのついてのまとめになるかと思います

ERCCのフリーミントについて(追記あり)

二重に驚きの結果


1月25日 午前11時
以前の記事でご紹介したERCCのフリーミント
その後も確定フリーミント権(WL)のGiveawayを探し続け
複数応募してはいましたが当選せず…
なので極簡単なタスクをこなせば応募者全員が貰えていた

早い者勝ちフリーミント権(AL)でフリーミントに参加しました
以前の記事はこちら

新規参加プロジェクトご紹介2+麻雀メタ - くろたまのBCG備忘録 時々攻略


早い者勝ちは大抵BOTを組める知識の有る人に一瞬で取られてしまうので
まず無理だろう、とダメ元で参加したのですが…
案に相違して楽々成功 10分くらいは猶予がありました
ガス代は0.001697ETH=3.7ドル程度
どういう仕組みなのかは分かりませんがBOTを排除出来ていたとの事です
以下運営のツイートを機械翻訳したものを一部抜粋

抽出可能な秘密鍵を備えた通常のウォレット (例:MM) をフィルタリングするという私たちの選択はうまくいきました。その結果、邪魔なボットが 0 つでかなりの新品状態を作り出すことができ、有機的なダイヤモンドの手を持つフーマンズが得られました。

BOTを排除した仕組みに関しては何を言っているのか全く理解不能(^_^;)
運営がBOTに対し何らかの対策を取っておりそれが上手く行った、という結論だけ
分かれば十分という事であまり気にしない事にします
お陰でフリーミントが成功したのが第一の驚き


その後色々と忙しく公式Discordを覗けたのは翌日
二次流通(自社マーケットとOpensea)へのリンクが
張られていたので見てみると…

https://opensea.io/collection/early-retired-cats-club-ercc


フロア価格0.17ETH、およそ376ドル!?
もうよく覚えてませんが公式TwitterフォローとかDiscord加入とか金も時間も
かからないタスクを消化するだけでフリーミント出来たものが5万円超!
しかも公式Twitterはまだまだこんなもんじゃない、続報を待て
的な事を言っていますしまだ上がるかも…
なにせOpenseaの販売履歴だと確定フリーミント権保有者が1月24日にミントした
直後の時点では約0.05ETHだったようですし 僅か2日で3倍以上
この価格が第二の驚き


何だかもうBCGそのものはプレイしないで情報を漁ってフリーミントだけ
狙っていれば良いのではないかという気すらしますね(^_^;)
私がNFTを購入し参入したBCGで利益が出たのは今の所SGEMと放置NFTだけですし
MeeetはBSCはプラスですがArbitrumが酷く合計ではマイナス

麻雀メタもフリーミントで最盛期は0.6ETHまで上がっていました
ただそちらはβテストで上位に入賞する手間と時間をかけた(単に麻雀が面白いので打っていただけ)からフリーミント出来たのだと思っていますが
それに比べればこちらは極僅かな手間と時間をかけただけ

そう思いはしてもゲーム&猫好きの私が売り払って撤退、なんてする訳が
ありませんが がっつりプレイする予定です^^


今の所ゲーム自体に関する情報は増えておらずリビール、
NFTの…開封とでもいいますか、は31日予定
但し、中身は外見が違うだけで価値は同一っぽいです この点も麻雀メタと同じ
外見は各国の印象等をモチーフとした猫

イギリス
紳士の国、とありますが紳士と言うより軍人
アメリ
アメリカァァァ!イエー!と叫ぶ宇宙飛行士
韓国
…? 何だか分かりません 韓国ならテコンドー辺りで良かったのでは
ベトナム
挨拶する猫 よくベトコンや農民が被っている三角笠を装備
中国
これも外見はよく分かりませんがセリフと動きがカンフー

そして、日本なのですが…
マタタビをおねだりするセーラー服の女学生(後輩)
着物でも侍でもなく女学生 なんでやねん
外国人からすると日本と言えば女学生だと?
さすがにそれは無いでしょうから開発者の趣味ですかね(^_^;)


謎なチョイスは置いといて今後の情報を楽しみにするとしましょう^^


1月29日追記

てっきり猫ゲームの猫とスープがBCGになった物だと思っていましたが
これ自体はゲームではありませんでした
これから展開していくプロジェクトの収益から配当や、コラボ相手のWL等のエアドロが受け取れる株券というか会員権的なNFT、と

その他各種イベントを開催し入賞者や実績達成者に何らかのエアドロがあったり
元ゲームの猫とスープで使えるクーポン、Steam(よくは知りませんが凄いヒット作も有ればクソゲーを通り越した虚無ゲーも有る玉石混淆なゲーム販売サイト)で
使えるキー(多分ゲームのダウンロード権)を配布したりするようです

また、機械翻訳ではよく分かりませんが
恐らくNFTもエアドロされる可能性がある模様
いわばこれはジェネシスNFTでそれを保有していると
格の落ちる通常NFTがエアドロされるかもしれない、という事かと 同格かも

そしてガバナンストークンならぬガバナンスNFTなので運営の方向性に
意見できる選挙権でもあります
更にネット上のみならずリアルでもイベントやグッズ配布を予定

それ以外にも企画を色々と計画しているので乞うご期待、との事です


猫ゲームと勘違いしていなければフリミンも狙わなかっでしょうから
結果オーライ 何せ現在のフロア価格0.226ETH≒510ドルですので^^

追記終了